デジタル教材使う

dbookPRO2は、ただのデジタル教材ではありません。 デジタル教材をつくるソフトウェアです。

about

紙の資料をデジタル教材に

dbookシリーズは、 「教材・教科書を⼿軽にデジタルで使いたい」 「⼤きく提⽰して教室全体で学習を共有したい」 といった現場の先⽣⽅のご要望に応えるために誕⽣しました。 2019年春、より使いやすく、機能を強化してリニューアルしました。

見せたい教材を画像化

dbookPRO2に読み込み

プロジェクタなどで大きく提示

spec

デジタル化した教材に必要な機能は

注目させたい部分を大きく提示し、視線を集中させる。 教科書の図版を詳しく説明するために、追加資料を提示する。 マーキングや付箋をつけて、重要なポイントをくり返し確認する。 必要な機能ほど、先生の授業での振る舞いに密接に結びついています。

焦点化

視線を集める

再編集

教材を集める

履歴保存

成果を集める

dbookPRO2で全て可能です

merit

dbookPRO2の3つのメリット

01

手軽にデジタル化

dbookPRO 2を使うときは、まずデジタル教材にしたい素材を用意します。 お使いの資料のPDFでも、コピー機でスキャンした画像でも構いません。 データを読み込んで、配置を決めれば、手軽にデジタル教材のでき上がりです。

02

快適に動作

dbookPROは動作が軽快で、授業の進行を阻害する待ち時間を作りません。 紙面データはそのつど追加できるので、10分でデジタル教材が作成できます。

03

自作でコストダウン

dbookPRO2は、画像にしたものをなんでもデジタル化できることが特徴です。 授業でご利用の教科書はもちろんのこと、地域教材などの副教材、先生の自作のワークシートも取り込むことができます。

2019年春発売!

デジタル教科書の黎明期から多くの先生方にご愛顧いただいたdbookPROが、 バージョンアップして登場しました。

renewal

バージョンアップ、3つのポイント

  • Point 1

    Flash Playerを使いません

    Flash Playerに依存せず動作するよう、システムを一新しました。旧製品「dbookPRO」との互換性を保持しているため、旧製品で作成した教材も引き続き活用することが可能です。

    ※Adobe社は、2020年でFlash Playerのサポート終了を発表しました。サポート終了後は、旧製品「dbookPRO」の継続利用ができなくなる可能性がございます。

  • Point 2

    PDFを読み込めるようになりました

    読み込めるデータ形式に、PDFが対応しました。

    対応形式が増えたことで、教材準備の手間を減らすことが可能となりました。

    使用できるファイル形式

  • Point 3

    EPUB出力の機能が広がりました

    dbookPRO2で編集した機能を、EPUBでも利用できるようになりました。

    webリンク、付箋、動画再生などの機能を、タブレットでもご利用いただくことが可能です。

    使用できる主なアプリケーション

FAQ

よくある質問はこちら

dbookPROに寄せられたご質問をまとめました。

弊社の商品は、下記流通様・代理店様とお取引をしております。

  • ケニス株式会社
  • 新日本教文株式会社
  • ソフト・オン・ネット ジャパン株式会社
  • ソフトバンク
  • コマース&サービス株式会社
  • 株式会社 日教販
  • 富士電機ITソリューション株式会社
  • 株式会社ヤガミ
  • ラインズ株式会社
(順不同) 学校様で直接ご購入を希望される場合は、地元のお取引のある教材店様・書店様へお問い合わせください。

ライセンスとは、ご購入時に弊社と契約するソフトウェアの使用許諾です。校内フリー版は、1教育施設内であればどの端末にもソフトをインストールすることができます。パーソナル版は、1端末もしくは1利用者様が所持する端末にソフトをインストールすることができます。

操作マニュアルをご要望のさいは、ICT事業部サービス(service@great-inter.com)までお問い合わせください。

学校などの教育機関においては、dbookPROで教科書・副読本などの紙面をスキャンしたデータを自由に利用することができます。 平成16年1月1日施行の著作権法改正により、第35条(学校その他の教育機関における複製)による学校における例外措置が規定されました。その結果、著作権者等の了解を得ず複製データを使用することができるようになりました。 詳しくは、文化庁長官官房著作権課発行の「学校における教育活動と著作権」をご確認ください。

弊社製品は、モニター利用が可能となっております。詳細はICT事業部サービス(service@great-inter.com)までお問い合わせください。